葉酸サプリで妊娠しやすい体になることを目指す!

分からないトリミング > サプリ > 葉酸サプリで妊娠しやすい体になることを目指す!

葉酸サプリで妊娠しやすい体になることを目指す!

流産を経験しています。ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、流産してから1年後くらい経つと、また妊娠について前向きに考えられるようになり、妊娠を考えて行動するようになりました。

妊娠しやすい体になることを目的に、冷え性がひどく、夏でもカーディガンを手放せなかった私は運動で体の調子を整えることにしました。

運動によって新陳代謝が良くなったのか、低体温が改善し、基礎体温が上がったので冷え性も良くなったので、本当によかったです。なんとなく不妊を疑いはじめたら、とりあえず基礎体温をつけることをお勧めします。基礎体温は運動などによる変化がありませんから、体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。

基礎体温表を作るには、経過をみるために「毎日」、活動量の影響を受けない「起床時すぐ」に測るというルールもあるので、その通りにしていくのが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。

妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。

この期間は葉酸の十分な摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。

それでは、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が必要ないのでしょうか。

確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。

ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそれは違います。赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠3ヶ月までの期間が注意が必要な期間ですので、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。